Cafeのキャラクター・ロゴ、記念品・プレゼント、販促品等にお役立ていただけます。

ご覧いただきありがとうございます。

著作権などの問題で図や写真を多く使えず、また文字情報の多いサイトではございますが、オリジナル製氷皿の

製作の流れなどをご説明させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

<当店の強み>

この世の中には製氷皿を製作できる会社はたくさんあります。

当店の強みは、オリジナル製氷皿製作のお問い合わせを多くいただくことで積み重ねた経験値にあります。

オリジナルのデザインを変えることなく、氷を取り出すときに氷が割れてしまわないようにする工夫ができます。

オリジナル製氷皿を商品として製作する場合、そうした当たり前のアドバイスができることこそが重要です。

水が「氷」になるときの”膨張”を考えた製氷皿の大きさや厚みといったアドバイスができるのは、多くの失敗や

試行錯誤からくるものです。今となっては、それが当店の宝となっています。

中には実現不可能なデザインもあるかもしれません。

そうした場合は、どうしたら実現できるのかを考え、そのうえで若干のデザインの変更等をアドバイスさせていただきます。


当店ではオリジナル製氷皿の設計から金型製作、大量生産まで中国で行っています。

日本国内の金型製作代金も安くなってきたとはいえ、中国の3〜4倍といったところが相場です。

また、その金型を使用したコミット生産枚数は5,000〜10,000枚がスタンダードです。


当店ではそのハードルを一気に下げ、
お気軽にオリジナル製氷皿を製作できる生産ラインを確立しました。


◆ オリジナルの製氷皿はこんな使い方ができます。

例えば、喫茶店のロゴの製氷皿をオリジナルで作れば、お客様のお飲み物にロゴの氷を浮かべて提供できます。

そのほかには、サークルやチームのロゴ、会社のロゴができる製氷皿を記念品として贈呈したり・・・・

予算の限られた飲料系の販促品として、キャラクターの製氷皿をご検討をいただいたり・・・

個人〜企業まで、お喜びのお声を頂戴しております。



ご相談いただくデザインも様々です。

天使や美女、会社ビルや仏閣、キャラクターやロゴ・・・ 2Dのものや3Dのもの・・・

自分のイメージする氷が製氷皿で作ることが可能かどうかをお問い合わせいただくだけでも結構です。


COOLTIMEをもっともっと楽しむために、いろいろなお声をお待ちしております。



<製作例>

某不動産会社のキャラクター。

ご依頼主のホームページ掲載キャラクター画像から3Dデータを作成し製氷皿を製作いたしました。

キャラクターの氷が7つ取れる製氷皿をデザインし、金型の製作過程を経て完成しました。

シリコン製で耐熱温度が高い(約230℃)ので、氷以外にクッキーも焼ける仕様となっています。


完成品と元画像を比べても忠実に再現されているのがお判りいただけると思います。

こうした再現力・デザイン力に自信があります。


「記念品として、夏だけでなく一年中お客様に配布できる!」と、お喜びの声をいただきました。







3Dデータ完成後、約1.5月(1ヶ月半)でオリジナルの製氷皿をお手元にお届けいたします。

オリジナルの製氷皿を製作するにあたり、まず最初に元となる画像が必要となります。

元となる画像は、写真でも
手書きのイラストでもイラストレーターなどのソフトで描かれたものでも構いません。


また、3Dのデータを元データとしてご相談をいただいても大丈夫です。

3Dデータを製作される場合、以下のことをお気をつけください。

【データ形式】は、
STP形式 または IGS
形式 でお送りください。

また、表面的なアウトラインだけ残したデータにしてください。

もし、どのようなデータを作成すればよいのかよくわからない場合は、事前にお問い合わせくださいませ。


3Dデータは、当店でも製作可能です。

紙に描いたイラストロゴ文字といったものをお送りいただければ、こちらで3Dデータに加工いたします。

どうぞ思いつくままにお問い合わせくださいませ。



<元画像が金型に反映されるまでの過程>





Aでは、3Dデータとお客様のイメージをすり合わせるための打ち合わせに多くの時間を費やします。

その内容は多義にわたります。

多くの製氷皿を製作してきたスタッフだからこそ気が付く視点がございます。

例えば、そのデザインは氷として取り出せる形なのか、割れずに取り出せるのか・・・ 

どうしたらコストを抑えられるのか・・・ など。

様々な視点からお客様にアドバイスをさせていただきます。



たった10枚でも、オリジナルの製氷皿を製作いたします。

製作枚数、たった10枚!

コミット生産枚数が5,000〜10,000枚がスタンダードの業界で、コミット生産枚数が10枚!でOK。

100枚でもなく30枚でもなく、10枚です。

とはいえ、1枚あたりの単価は高すぎるものとなります。

それでも、不必要な枚数を無駄にしてしまうより、価値のある10枚を価値のある仲間と、その「証」として

持つことができるのなら、どんなに素敵なことでしょう。


10枚の製氷皿は、
サンプル金型によって製作されます。

サンプル金型は、本番の大量生産を行うための金型を製作する前に作られる仮金型で、大量生産には

向いていない素材を利用して作られます。

本来、サンプル金型は元画像や打ち合わせ時に決めた内容をすべて反映されているかどうかを確認する

ために作られるものです。サンプル金型で作られた製氷皿を見て、デザインを少しだけ変えたり、再検討する

ための過程としてサンプル金型を製作します。

サンプル金型は、耐久性がありません。せいぜい10数枚の製氷皿を作り出す程度です。

もちろん、サンプル金型から生まれた製氷皿も製品版として通用する素材を使用していますので製品として

問題はありません。その10数枚を完成品として納品をさせていただきます。

これが、10枚でもオリジナル製氷皿を作れる理由です。

この裏ワザができるのは当店だけです。


たった10枚とはいえ、いろいろなシーンで活躍します。


・ 結婚式の引き出物

・ サークルの記念品

・ ゴルフコンペの景品

・ 会社創立記念品 (自社ビルの形をした氷がグラスに浮いていたら素敵です。)

・ お店のロゴを入れた氷をお客様に提供するためのキッチン道具として


このように、1,000枚も2,000枚も必要はないけれど、オリジナルを作りたい方にはお薦めです。




シリコンの安全性

オリジナルで製作された製氷皿について、多くいただいている問い合わせがございます。

それは、安全性についてです。

当店では、オリジナル製氷皿を製作する際に使用されるシリコンの安全性を確認しています。

詳細は、下記の画像をクリックしてご確認ください。





当店では、国内で流通している販売目的の製氷皿を多く見てきました。

そのほとんどの商品に記載されている注意事項は、原材料、耐熱温度、耐冷温度、電子レンジ・オーブンレンジ・

食器洗浄機に入れても大丈夫かどうかを記載しているだけです。

なかには耐冷耐熱温度すら記載のない商品もあります。


オリジナルの製氷皿が完成し、それを販売するにあたり、製品となった製氷皿の安全性を確かめたい場合は、

安全性のテストや実験、試験といったことは、ご自身で行うこととなります。






今までアドバイスをさせていただいた案件

実際に形になったものや相談だけで終了したものといろいろございます。

当店としましては、ご相談いただけることが嬉しい!と感じておりますので、どうぞ遠慮なさらず、お気軽に

お問い合わせをいただけますよう、お願い申し上げます。


<今までご相談をいただいた案件>

・ ドラクエ(ドラゴンクエスト)スライム型製氷皿

・ 映画「殺人教室」先生製氷皿

・ 2016年サマージャンボ宝くじロボット製氷皿

・ コーギー犬製氷皿

・ 「花ちゃん」マーク製氷皿

・ 八つ墓村 シーンモチーフ製氷皿

・ 家の形の製氷皿

他 多数