思いもかけないことが起こる!


ソファーで横になってくつろいでいると

突然、足がつった!!

腿の裏辺りというか、膝の後ろというか・・・

そりゃー、もう、ぎゅーっ!て、痛いのなんの。

必死で足を伸ばそうと思い、

グーンッ!!って、足を伸ばしたわけです。

ドーン!!という音とともに、"足のつり"は回避できました。



ドーンというおとの原因はコレ。





大きさがわかりづらいので・・・

A4の紙と比較してみました。

壁に穴を開けて監獄を脱出した映画「ショーシャンクの空に」を印刷してみました。





結構、デカイです。


この洒落が気に入ったので、少し放置しておきました。






自分の洒落にも飽きた頃・・・

土日を利用して、修復作業に取り掛かりました。


まず、穴周りの壁紙クロスを丁寧にはがします。

定規にカッターをあてて、適当な幅で刃を入れたら

丁寧に、丁寧に広げます。





楽天で用意したメッシュのテープ。

これは、弱粘着性のテープとなっているので

穴周りのはがした壁紙クロスの下から

穴をふさぐようにメッシュを貼っていきます。

ここに、パテを塗りつけていくことになるので、

ピシッ!とたわまないように貼っていきましょう。





貼り終えるとっこんな感じです。





今度は、ここにパテを塗っていきます。

パテも同様に、楽天で購入。

パテを塗るためにヘラも必要ですので、一緒に購入しました。

途中でパテが足りなくなると大変だと思い、

写真のようなチューブパテを2本購入しましたが、1本で十分でした。

自分で粉から練り上げるパテは面倒だということで

このチューブパテを利用しました。





全く経験のないことなので、様子を見るために、

周りから少しずつ、パテを塗りました。

この塗る感覚をつかむことが必要です。

いきなり、真ん中から塗り始めると、せっかく貼ったメッシュに

ゆがみやたわみ、穴が開きかねませんので要注意。





一回目をこんな感じで全体的に塗ります。

ヘラの上に直接出しては、壁に塗るという横着ぶりですが

いい感じになっています。





乾き加減の様子を見ながら、重ね塗りをしていきます。





自然乾燥が待ちきれないので・・・ドライヤーの投入。

乾かしては塗り、乾かしては塗り・・・・。

この作業を繰り返します。





大事なので、コレを忘れないでくださいね。

重ね塗りをするときには、乾いたことを手で触って確認します。

そのとき、面にデコボコがないかも確認します。

そして、平らな面になるように紙やすりで修正します。





そうして塗り重ねることで、きれいな平らな面が出来ます。

平らでないと、あとで壁紙クロスを貼ったときに凹凸が出てしまいます。

ノックをしてみると・・・ コン、コン。と、いい感じの響き。

だいぶ塗り重ねたので(4回塗り重ね)、あとは完全乾燥を待ちます。





8時間ほど放置をしました。

念のため、もう一度やすりをかけました。

荒い鑢ではなく、仕上げ用の紙やすりで表面をツルツルにしました。

いよいよ、壁紙クロスを貼っていきます。

壁紙クロス用の接着剤で貼っていきます。

接着剤は乾燥した後に無色透明になるものを選んでください。





まずは、周りのはがしたクロスを専用のローラーで貼っていきます。

このローラーは、本当に便利でした。

コロコロと上からなぞるだけで、圧着していってくれます。

接着剤は多すぎず少なすぎず、満遍なくクロス側に塗りました。

多すぎると、はみ出るので仕上がりが汚くなりますし

パテ側に接着剤をつけてコロコロしても、うまく張り付いてくれませんでした。


自己流ですが、クロス側に接着剤を塗って、コロコロするのが一番やりやすかったです。


穴として抜け落ちた部分にも壁紙クロスがあります。

それも大事にはがしておいてくださいね!





周りから壁紙クロスをもとに戻すように貼っていきます。

真ん中部分は、ジグソーパズルのようにはめ込んでは貼っていきます。





そうして、2日間に及ぶ修理の末・・・こんな感じになりました!





遠くから見てみると??

わかりますか?

まぁ、職人ではない僕がやってもコレくらいにはなります。





そして気になるお値段・・・

楽天で購入した材料全てで5,000円弱!

結局、チューブパテを2本購入したうち1本余ったので

もう少し安く済みました。


今度、ソファーで横になるときは、壁側に足を向けないようにしようと思いました。